壊れたゲーミングチェアを粗大ゴミに出す前にやっておくべきこと・3選

壊れた ゲーミングチェア 処分する前に 捨てる前に やっておくべきこと たったコレだけ 超お得生活の知恵

「ゲーミング〇〇」というゲームをすることに特化した製品が、ゲーマーを中心に流行っていますよね。

その中でも「ゲーミングチェア」は、ゲームを実際にはしない人も、座り心地の良さから好んで使っている方もいるでしょう。

ある程度使っていると、経年劣化によって壊れてしまうこともあると思います。そんな時にすぐにゴミとして処分するのはモッタイナイです!

そこで今回は壊れたゲーミングチェアを粗大ゴミに出す前にやっておくべきこと・3選について紹介していこうと思います。

Sponsored Link

 

壊れたゲーミングチェアを粗大ゴミに出す前にやっておくべき3つの事

壊れた ゲーミングチェア 粗大ゴミ 捨てる前にやっておくべきこと 3選

壊れたゲーミングチェアを粗大ゴミに出す前にやっておくべきことを3つ、それぞれ紹介していきます。

壊れたゲーミングチェアの保証期間を確認

ゲーミングチェアには保証期間というものがあります。

販売元の会社や製品によって保証が受けられる期間が違ってきますが、高価なものだと3年保証で、比較的に安価なものでも1年は保証があるはずです。

有名販売店の一例として、以下のような補償年数になっているので紹介しておきます。

  • GTRACING製…1年
  • NIONIK製…1年
  • BATTLE ZONE製…1年
  • AKRacing製…3年

 

まずは手元の保証書の期限を必ずチェックして、もし保証期間内であれば、いきなり粗大ゴミに出すのではなく、まずはメーカー保証が受けられるかを確認するようにしましょう!

壊れた原因などにもよりますが、保証期間内であれば無償修理や無償交換で対応してもらえる可能性があります。

但しゲーミングチェアの分解や梱包など、発送に必要な手間はかかるので注意!

 

壊れたゲーミングチェアをリサイクルショップで売る

壊れたゲーミングチェアでも、リサイクルショップに出せば売れることがあります。

ジャンク品扱いになるので、買取査定額には期待出来ませんが、コンビニやスーパーなどで、粗大ゴミ処理券を購入したり、壊れたゲーミングチェアを分解するといった手間やお金を節約できます。

そこで、100店舗以上展開しているリサイクルショップをいくつかピックアップしてみました。

ハードオフ、セカンドストリートは特に有名ですよね。

 

とはいえ、持っていく手段がない!という場合は、買取に来てもらえば問題ありません。

ジャンク品のみだと買取に来てもらえない可能性もあるので、何か不要になった物と抱き合わせにしてみるのも手です。

まずは電話で問い合わせて確認してみましょう!

 

メルカリなどに出品してみる

最後に、メルカリなどのネットフリマアプリに出品するという方法です。

もちろん壊れたゲーミングチェアの出品になるので、トラブル回避のために「ジャンク品」と必ず表記して出品しましょう!

発送の手間や時間が掛かる分、リサイクルショップで売るよりも高く売れる可能性があります。

 

まとめ

最後に、カンタンにまとめておきます。

  1. メーカーの保証期間内であれば、まずはメーカーに問い合わせて、修理なり交換してもらいましょう!
  2. 発送とか分解やらが面倒なら、リサイクルショップに持っていくか、来てもらって買い取ってもらうのが手っ取り早いです!
  3. 少しでも処分費用を稼ぎたいならメルカリに出品!

以上が、壊れたゲーミングチェアを粗大ゴミに出す前にやっておくべきこと・3選になります。